スカイプ英会話・オンライン英会話のコンソシオ  アメリカのネイティブ講師とビジネス英語・試験対策

HOME > 帰国子女英語コース > お子様と一緒にリーディング

お子様と一緒に英語の本を読んでみませんか

リーディングの大切さ

英語の絵本や本のリーディングは、年齢に応じた新しい言葉の習得や英語力の保持、基礎固めになります。また、想像力やクリエイティビティを刺激します。

子供の頃から英語で読む習慣を付けることにより、年齢を重ねるにつれて長い本や内容の難しい英語の本への抵抗が少なくなり、将来読むことができる本の選択肢も広がるでしょう。

英語を一緒に読むことのメリット

お子様と一緒に絵本を読むことは、とても楽しく勉強になり、お子様にとって、とても良い経験になります。

読むことは大きな力と知識にあり、将来の大きな助けになることでしょう。

英語の本を一緒に読むことは最初は難しいことですが、それほど難しいことではありません。
一緒に読む際のポイントについて見ていきましょう。


お子様と一緒に読む方法

声を出して読む

お母様もお父様も、声を出して読むのは自信がないかもしれません。しかし躊躇せずに、読んでみてください。

もしお子様が自ら英語を読めるようでしたら、子供に声を出して聞かせてもらうようにしましょう。お母様やお父様がそこにいるのは子供にとってとても励みになります。

英語の学習度合により前後しますが、6歳くらいまではご両親が読み、6歳以降は お子様が声を出してご両親に聞かせるようにしましょう。


発音を気にしすぎない

発音を気にして読まないよりも、積極的に読んでみましょう。お子様が直してくれるかもしれません。


習慣にする

おやすみ前、朝食の前など、読む時間を決めておきましょう。
継続して習慣にすることが大事です。


質問をする

読んだ後はお子様に質問をしてみましょう。お子様に考える機会を与える、「どの部分が好きだった?」「この後はどういう展開になると思う?」という質問が良いでしょう。




参照:

4歳から5歳のお子様に毎日本を読んで聞かせることは、子供の読解力と理解力に良い影響を与えます。

Reading to Young Children: A Head-Start in Life

小学校1年生のお子様が1日15分本を読むと、高校生に入るまでに570万語い触れ、1日30分に増やした場合は1370万語までの差が出ます。

http://www.learnalytics.com/wkar/



本の選び方

お子様が興味を示すお話の内容や、絵があるものを選びます。
下記は年代別におすすめの本です。

Ages 2 to 4


The Little Engine that Could Watty Piper

The Cat in the Hat


Froggy Gets Dressed


Kitten’s First Full Moon


Knight School

Ages 5 to 7

Where the Wild Things Are


The Adventures of the Dish and Spoon



下記はアメリカの公立図書館の絵本のリストです。各図書館のお勧めの本なども掲載されています。

In the United States

New York Public Library
http://www.nypl.org/learn/kids/books-music-dvds

Boston Public Library
https://bostonpl.bibliocommons.com/lists/show/84324700_bostonpl_kidslists

San Francisco Public Library
http://sfpl.org/index.php?pg=0000026201

In the UK

Oxfordshire
https://libcat.oxfordshire.gov.uk/web/arena/reading-lists

Book Trust
http://www.booktrust.org.uk/books/children



体験レッスンのご予約


30分 1,000円
まずはお気軽に体験レッスンを

レッスン開講時間

(午前) 5:00 - 12:00
(夜間) 20:00 - 26:00

レッスン

・1回 50分 マンツーマン

レッスン料金

詳細は各プログラムを参照
定期レッスン月謝 16,800円
・都度予約チケット 4700円/回
※ 入会金等は必要ありません

レッスン開始に必要なもの

1. スカイプ(無料ソフト)
2. パソコン、スマートフォン等
3. 連絡用メールアドレス

- よくあるご質問

お気軽にお問い合せください。

ご連絡方法はこちら