スカイプ英会話・オンライン英会話のコンソシオ   アメリカのネイティブ講師とLiveレッスン


英語教育と英会話重視の傾向


日本での英語教育は読み書き重視、高校や大学での試験向けにカリキュラムが組まれていました。
その後は経済のグローバル化が進み、街中でも外国人観光客を多く見かけるようになりました。
それによって、現在では実際に外国人と話せる英会話力を身につけることが重視されています。
実際に意思疎通が図れること、つまりコミュニケーション能力を身につける方向に、英語教育も
英会話重視へと大きくシフトしています。英会話は様々な場面で役に立ち、それはお仕事や
立場によって大きく異なります。外国人と簡単に挨拶をすることが必要な人もいれば、対等に
交渉をしなければいけない立場の人もいます。今の仕事でどの程度のスキルが必要か、
また将来どのような仕事に就きたいかで、必要な勉強方法やカリキュラムも変わってくるでしょう。

スクールと自己学習の両立


より適した能力を身につけていくには自己学習をし、補助として英会話スクールを使用することも
良いでしょう。単語を覚えたりリスニングをするのは自宅学習が可能です。英語の音声テープを
後追いで読んでいくことで、発音やリスニングの練習になるでしょう。学習を継続し英語のリズムを
つかむことで、アクセントやリスニングが大きく飛躍することが期待されます。興味のある分野の
記事を読めば、読解力も身につくでしょう。興味のあるテーマの論文を書いたり、読んだ記事を自らの
言葉でまとめてみるとライティングの勉強になります。英会話スクールは、自己学習した英語力が
実際に通じるかを試すのに良いでしょう。文章をチェックしてもらったり、自宅では難しいスピーキングを
練習することができます。実際の会話を繰り返し練習することにより、考えや気持ちをできるだけ
早く英語で話す、発話力が身につきます。発音や言い回しの間違えは講師に訂正してもらい、
よりネイティブに近い良い会話へと導いてもらいましょう。

 
 
まずは15分間だけ、無料体験でマンツーマン英会話を体験してみませんか?