HOME > USMLE STEP 2 CS レッスン > アメリカでレジデントとして働く

アメリカでレジデントとして働く

アメリカでレジデントとして働く準備をする ~USMLE受験の流れ~

USMLE-プロセスの開始

アメリカに行くまでの流れを調べる


* ECFMG (Educational Comission for Foreign Medical Graduate) は
レジデントとして米国に滞在するための J-1ビザをスポンサーする機関です。

2023年以降、ECFMGが認めた認証機関(日本ではJACME)によって認定された医科大学の学生または卒業生以外は、ECFMGの申請ができなくなります。

JACMEによる最新の認定情報は以下の通りです。
https://www.jacme.or.jp/pdf/jacme_web_licensebanner_link.pdf

2022年までの3年間は、現在と同様の基準となります。


* ERASはAAMC (The Association of American Medical Colleges)が提供するインターネットサイトです。
* NRMP (レジデントマッチングプログラム)は全米の病院でのレジデントプログラムの大半を統括しています。

準備にかかる時間


受け入れてくれるアメリカの病院を探すレジデンシーマッチングプログラムは毎年10月から3月にかけて行われます。試験結果を含め、全ての書類を揃えてこの期限までに提出します。

こうしたことから、STEP2 CSを受験してアメリカに来るまで、全てのプロセスには早くても1年から1年半の時間がかかると思われます。

アメリカでの勤務に必要なビザ(査証)


外国人の医師がアメリカで勤務する場合は、ECFMG(Educational Comission for Foreign medical Graduates) がスポンサーとなり、J-1ビザを取得することができます。

全ての外国人はECFMGを通じて申請することが必要になります。
認証され次第、テストに申し込むことができます。

申請にかかるコスト

$65 USドル (2015年6月現在)

申請にかかる時間:2 - 4週間

まずはUSMLE STEP1から


もし医学部にご在籍中であれば、在学中にUSMLEのステップ1を取得することをお勧めします。
様々な勉強をしている間に合わせて取得したほうが、比較的取りやすいということもあります。

すでに病院に勤務している先生方におかれましては、まずはUSMLE STEP1を取得します。


> USMLE STEP-1を受験する



情報の正確さには注意を払っておりますが、費用やプロセスは随意変更しています。
準備や受験の際は、今現在の正式な情報を各機関にご確認ください。