USMLE CS 合格体験記

USMLE STEP2 CS合格体験記  2020年-3

更新日時:2020年5月6日


ひろし様 


私は2月にL.A.でUSMLE Step 2 CSを受験し、一度目で合格することができました。
コロナの影響で受験できるかどうか心配していましたが、時期が少し早く、渡米後はほとんど関係ありませんでした。本試験は近年難化傾向と言われており、また試験の性質上対策に難渋すると思いますが、結局は一試験にすぎないので、十分に対策をすれば合格可能です。他の試験同様、合格の鍵は「十分な情報収集」と「試験に特化した対策」だと思います。

私はもともと英語にあまり興味がなく、Step 1を受験するまでは大学受験以降全く勉強していませんでした。海外旅行先で適当に使う程度でしたので、英語力は他の受験者と比較して相当低いと思われます。TOEFLを一度受験しましたが全く歯が立たず、試験終了時にスコアをキャンセルしてしまい(その文章も意味がよくわからず)、結局点数は不明です。

受験予定日の約6か月前から対策を開始しました。ネットサーフィンを繰り返す中で、発音矯正とフレーズ暗記が重要であると考えました。市販の参考書で発音の仕方を学び、FIRST AIDと合格された方のブログを参考に、無理なく話せるフレーズを抜粋し暗記しました。同時期にマンツーマンの英会話教室に通い始めました。FIRST AIDに沿って、プリントアウトした自分のフレーズを見ながら練習していましたのであまり効果的とは言えませんでしたが、授業料が高額であり、モチベーションの維持を主な目的に週1回通いました。FIRST AIDを一周した後、自分のフレーズを講師に全て読み上げてもらい、それを録音して練習しました。これは非常に良い発音矯正の練習になったと思います。

約1か月前にはだいたいのフレーズの暗記を終えていました。Consocioを週2回のペースで開始して、より実践に近い練習を行いました。Dr Pumaの18 DAYS Packageで臓器別のフレーズ整理とPatient Noteの書き方を学びました。また偶然、同時期にCSを受験する友人と知り合い、スカイプでの練習を行いました。今まではほぼ一人で勉強していましたが、友人からCSの有益な情報を入手し、さらに私と同じ日程で渡米・受験する先輩を紹介してもらいました。その先輩はCS対策を知り尽くしており、最近の試験の傾向まで事細かに伝授して下さりました。出会いに感謝しつつ、やはり試験勉強は複数人で行うのが良いと思いました。

渡米後にPasadenaでKaplan Practice Examを受講しました。模擬試験は実践感覚を養うのに有効であり、その後のフィードバックも非常に参考になりました。また試験官によって評価がまるで違っており、本試験での採点基準は不明ですが、試験官の心象に配慮することが大切だと感じました。

本試験での受験者は日本人は私1人で、IMGは私含め2人でした。典型症例ばかりであり、Doorway Informationでほぼ鑑別を挙げることができました。試験官の会話スピードは速いですが、Closed questionであれば返答がだいたい推測できるため、何とか理解できました。それでも全体で4割程度しか聞き取れず、職業に関しては誰一人として聞き取れませんでした。聞き取れなくても余裕の表情で適当に相槌を打ってやりすごし、英語を聞き返されることはほとんどありませんでした。

振り返ってみると、リスニングの勉強はほとんどしておらず、CSに特化したスピーキングの練習ばかりしていました。医療ドラマERを1日1話繰り返し見ていましたが、リスニング力の向上につながったかどうかは疑問です。

CS対策には対人練習が極めて重要です。また、CSの概要をある程度理解しているNative speakerとの練習が効果的だと思われます。Consocioを受講することで、実践に近い練習ができ、特に試験直前は重宝させて頂きました。また自分の使っているフレーズにNative speakerが違和感を感じないかどうかを確認し、より自然なフレーズに修正する作業も重要でした。

米国現地でのご滞在について


試験の4日前に米国に入国しました。時差ボケ予防に機内で市販の睡眠剤を内服しましたが、入眠1時間ほどで口渇感で目が覚めてしまい、結局ほとんど睡眠できませんでした。よくわからない睡眠剤は使用せず、自分で処方するべきだったと後悔しています。Pasadenaで1泊してKaplan Practice Examを受講しました。Kaplanでの12 Caseは想像以上に体力を消耗し、さらに時差ボケのため毎朝2時に目が覚めてしまったため、米国滞在中は極めて体調不良でした。滞在中はConsocioを1日2レッスン予定していましたが、本試験前日は体調が悪すぎたため、レッスン開始3分くらいで断念しました。当日も体調不良であり、8ケース目くらいで力尽きそうになりましたが、次のケースが奇跡的にTelephone Encounterであり机に突っ伏して体力を回復しました。受験予定の方々はなるべく余裕を持った日程調整をおすすめします。

今後ご受講される方へのアドバイス


CSは非Nativeの日本人にとって困難な試験だと思いますが、英語力の欠如は十分な情報収集と試験に特化した対策で埋め合わせが可能です。受験を予定されている方々の参考になれば幸いです。


オンライン英会話がはじめての方もお気軽にお申し込みください。実際のCS対策レッスンがどのように進行するかをご体験いただけます。体験レッスン終了後は講師からのフィードバックをお送りします。



レッスン基本開講時間
(午前) 5:00 - 12:00
(夜間) 20:00 - 26:00

受講料金(マンツーマン)
USMLE 10回 63,800円(税込)
定期レッスン(週1回) 23,500円/月 

レッスン形態
- 150マンツーマンレッスン
- オンライン英会話レッスン(スカイプ

レッスン開始に必要なもの
1. スカイプ(無料ソフト)
2. パソコン、スマートフォン等
3. 連絡用メールアドレス

ご予約はこちら(チケットでご受講中の方)

レッスンのご予約はこちらから 

お気軽にお問い合せください。
お問い合わせフォーム

その他のご連絡方法はこちら