オンライン英会話のコンソシオ アメリカのネイティブ講師とオンラインレッスン



USMLE CS 合格体験記

USMLE STEP2 CS合格体験記

T.K.さま 移植外科


2019年1月にstep 2CSに一発合格し、ECFMGを取得しました。

CSは、帰国子女でなくても、英語の話せない純日本人でも、努力を重ねれば、日本で合格できます。

私は合格まで約1年間要しました。毎週3回の定期レッスンを受講しました。勉強開始時の英語力は、ほとんど皆無と言ってもよいレベルでした。はじめは先生方に、挨拶のレベルから、診察時のフレーズまで一文一文、全て教えて頂きました。リスニングも全くできず、講師の先生が書き出さずには先に進めない状況でした。FAからスタートし、それを約2-3周しました。勿論初めは、鑑別疾患すら全然わかりません。しかし、それを何度も繰り返し、レッスン中に指摘されたことを自分なりにノートに纏め、何度も反復しました。これはスポーツや、外科医であれば手術を習得する手順と似ています。リスニングも、外出時は必ずPodcastを聞くようにしていました。

私はその過程でKaplanを2度受講しましたが、1度目にクラスワーストの成績を取り(自分の英語力からしたら当然の結果ですが)、勉強方法をやり直す必要があると思いました。Step 2CSを過去に受験された方のあらゆるwebsiteを調べ、Kaplanのテキスト等もノートにまとめ、全ての疾患でできる限り全ての鑑別、検査等を記憶するよう努めました。このmedicalな要素はコンソシオではカバーできませんので、自分の力で勉強する必要があります。また、講師の先生には微妙なニュアンスの改善、また、よりnativeに近いフレーズなど、様々なアドバイスを頂きました。発音も重点的に指導して頂きました。

FA2-3周した後は、他の教材も使用して頂きました。こちらから教材をリクエストすることもありました。途中からは、実際の試験のように、症例は事前にわからないようにしてレッスンをして頂きました。私は内科医ではなく、common diseaseの診療に長けているわけではないので、何度やってもできない症例が出てきます。そのために内科の当直バイトを増やしたり、様々な工夫をしました。実際のER診療でも、日本語で話しながらも英語で考え、同じような手順で問診をとり、医局に戻るまでの階段で英語でつぶやく、これを繰り返しました。

本番2-3カ月前からは、ランダムに自分で症例をひたすら練習し、コンソシオのレッスンでも同様に、試験のようなスタイルで続けて頂きました。どうしてもSkypeという性質上、in personでの本番とは臨場感や緊張感も異なります。特にPhysicalはカバーすることが難しいです。これらの部分は自分で意識してKaplanなどを利用されるのが良いと思います。Physicalは得点源ですので、むしろここは自分で何度も反復し、完璧にする必要があります。私の場合は知人のnativeと練習しました。また、試験では重要な要素を占めるカルテですが、レッスン後は必ず試験本番をイメージし、カルテを書くようにしました。講師の方にお願いし、チェックをして頂いたこともあります。

直前期は、自分でただひたすらに症例をランダムに、診察からカルテまで一通り練習しました。それと同時に、講師の先生方に教えて頂いたChallenging questionsも重点的に練習しました。カルテは練習するのみです。同じことを何度も何度も繰り返しました。そしてこの頃は、何をするにしても、常にフレーズや診察時の表現を暗唱していました。今思えば完全にノイローゼです。

本番直前に2度目のKaplanをPasadenaで受講し、ぎりぎり合格(落ちてもおかしくない)という結果でした。もうやれることはやった、これ以上延ばしても得点アップには繋がらないと判断し、そのままLAに移動し本番に突入しました。試験直前はKaplanの復習、これまでの復習を何度も繰り返しました。

これだけやったのだから、あとは楽しもう。そう思って本番を受けました。本番に弱い私ですが、不思議とそこまで緊張はしませんでした。しかし、何症例か、聞き取れない症例もあり、後味は悪かったです。12症例はやはりかなり疲れ、後半で大きなミスもしました。なので、この合格は私は驚きでした。

今回の合格は、講師の先生の力なくしてはありませんでした。担当の2人の先生には、最初から最後までずっとお世話になりました。挫けそうになっても、先生方に背中を押して頂けました。自然なフレーズ、正確な発音、CQs、全てにおいてお世話になりました。コンソシオのレッスンは、step 2に限らず、英語全般という意味でも素晴らしいと思います。

お世話になった先生方に、この場を借りて心より御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


米国現地でのご滞在について


私は本番滞在時はKaplan 1 day examをPasadenaで受験し、その後LAへ移動し、最後の復習、確認をして、次の週に本番を受験しました。
Pasadena, LAいずれも、受験した先輩方から情報を得て、アクセスしやすく比較的きれいなホテルを選択しました。
LAでは試験会場から徒歩15-20分程度のホテルでした。

今後ご受講される方へのアドバイス


コンソシオの先生方を信頼し、練習することが一番です。
しかし、注意すべきことは、鑑別疾患、検査やPhysical examはカバーできません。
そこは切り離して考え、ご自身で工夫、十分に勉強される必要があります。



オンライン英会話がはじめての方もお気軽にお申し込みください。実際のCS対策レッスンがどのように進行するかをご体験いただけます。体験レッスン終了後は講師からのフィードバックをお送りします。



レッスン開講時間
(午前) 5:00 - 12:00
(夜間) 20:00 - 26:00

受講料金(マンツーマン)
USMLE 10回 62,400円(税込)
定期レッスン(週1回) 23,000円/月 

レッスン形態
- 150マンツーマンレッスン
- オンライン英会話レッスン(スカイプ

レッスン開始に必要なもの
1. スカイプ(無料ソフト)
2. パソコン、スマートフォン等
3. 連絡用メールアドレス

ご予約はこちら(チケットでご受講中の方)

レッスンのご予約はこちらから 

お気軽にお問い合せください。
お問い合わせフォーム

その他のご連絡方法はこちら